• 電子機器開発に必要な設計とは

    電子機器開発には開発設計、回路設計、基板設計、構造設計、そしてソフトウェア設計が必要になる事が多くあります。
    開発設計と言うのは、電子機器開発の起案を行う部分でもあり、これからどのような電子機器を開発するのかと言った事を考える部分になります。
    電子機器はハードウェアとソフトウェアの両者が必要であり、開発設計はこの両者の起案を行う事になり、ハードウェアにおける開発は回路設計や基板設計、構造設計になります。一方、ソフトウェア設計はICと呼ばれている半導体内部に内蔵するソフトの開発であり、デジタル信号処理を中心としている電子機器開発には必須となります。

    電子機器のコントロールパネルには多数のボタンがあり、それぞれのボタンを押すだけで動作を可能にしていますし、液晶画面をタッチするだけで操作が可能な電子機器の場合も、ユーザーが操作を行う事で決められた動きを電子機器が行ってくれます。


    デジタル回路の場合、液晶画面のタッチが行われた時に何をするのかをソフトウェアが代わりに行ってくれるのが特徴で、こうしたソフトの開発を行うのがソフトウェア設計になるのです。



    回路設計と基板設計はハードウェアでの設計で、電子回路を作りあげた後に、基板設計者に回路を渡す事で開発設計の中で決められた大きさでプリント基板のアートワークを作り上げて行く事になります。

    日本経済新聞のことならこちらをご活用ください。

    このように、一つの電子機器を誕生させるためには多くの人材が必要になりますが、最近は外部委託を行って設計を行う企業も多くあります。