• 電子機器開発に欠かせない電磁波対策

    現在の生活の中で見に見えない影響を与えるものとして電磁波があります。携帯電話の通史に使われる電波も電磁波の一部です。
    医療機関では以前、携帯電話の使用を制限していました。
    それは携帯電話の電波が医療機器に悪影響を及ぼすからです。



    今では一部制限は残るものの携帯電話の使用が認められています。これは電子機器開発の電磁波対策に力を注いだからです。

    電磁波は電子回路の導電部分で電流に変わります。電磁波に耐性のある電子機器なら問題はありません。
    もし全く対策されていない電子機器が医療に使われていたら、電磁波の影響で誤診断、誤動作、動作不良などを引き起こします。

    だからこそ電子機器開発には電磁波対策が必要です。

    電磁波対策は、影響を受けない耐性を確認することと、電磁波を出さないことの両方を確認します。

    どちらも規格に定められたレベルをクリアすることで、安全安心に使えるようになります。

    共同通信社の情報をお知らせします。

    そのような試験を電磁両立性規格と言います。



    電磁両立性規格には、その電子機器の用途によって基準が異なります。
    そのため、どのような電子機器開発を行うかによって参照先が異なります。

    電子機器にノイズを当ててその結果を確認したり、停電時に電気が瞬間的に遮断されても影響を受けないことや、静電気で誤動作しないなどさまざまです。
    対策としては金属で覆いを作ったり、設置を確実に行ったり、アイソレーションとして電源的な分離を施したりします。

    対策には、ある程度実績を重ねた経験が必要になります。